• ホーム
  • 美肌を目指すなら正しい洗顔をする

美肌を目指すなら正しい洗顔をする

女性の皆さんは、多くの方が美肌でいたいと思うのではないでしょうか。
そのようにしたら、美肌になれるのか、または保てるのか。
今回は毎日の洗顔において、美肌とのつながりを見ていきましょう。

皆さんは、毎日の洗顔をどのようにしているでしょうか。
いつ、何度という質問だけでも様々な答えがあると思います。
ほとんどの方は、夜の洗顔は欠かせない方が多いと思います。
まずは、夜の洗顔について掘り下げていきましょう。

仕事や、学校から帰ってきた夜は1日の皮脂の汚れがたまり、毛穴に角栓が詰まったりと肌には良くない状態になっています。
ここで、はじめに言った洗顔と美肌とのつながりです。
このような皮脂や汚れが溜まった状況では、美肌との距離が開くばかりです。
帰宅後はなるべく早く洗顔を済ませてしまうことをお勧めします。
汚れをそのままにしておく時間が長ければ長いほど、角栓の詰まりにもつながります。
一度詰まってしまうと、綺麗に取り除くのは難しくなり、特に鼻の角栓の詰まりにおいては、皮脂の汚れが酸化し黒ずみとなっていわゆるいちご鼻になってしまいます。
これを防ぐために、帰宅後はすぐに洗顔をして、できるだけ肌が綺麗な時間を長くしましょう。

そして、夜の他に洗顔をする方は朝にも洗顔をするという方が多いのではないでしょうか。
夜綺麗な状態で寝ても、夜中寝ている間にも皮脂は分泌されます。
よって、朝の起きてすぐの肌は衛生的にも綺麗かと問われるとそうではありません。
これから一日中過ごす肌ですので、朝のうちにもう一度清潔にしておくことをお勧めします。
夜中に出た皮脂の上しさらに1日の汚れが重なってしまうともちろん肌の負担が大きくなります。

そして、朝の洗顔の仕方です。
もちろん夜と同様に洗顔料を使用して顔を洗うのもいいですが、敏感肌の方や乾燥肌の方には、ぬるま湯のみでの洗顔でも寝ている間に出た汚れは落とすことができますので、自分の肌の性質にあった方法を選びましょう。

洗顔前に毛穴をひらくことが大切

先ほども毛穴の汚れや角栓の詰まり、黒ずみからいちご肌と言われてしまうことがあります。
それを防ぐために洗顔前にも準備をして起きましょう。
もちろん、洗顔で肌の汚れを落としますが、事前に毛穴を開いておきましょう。
毛穴を開いておくことで、直接角栓や皮脂汚れを洗顔で落とすことができます。
それでは、どのようにして毛穴を開けばいいのでしょうか。

毛穴は、熱によって開きます。
つまり肌を温めると開いて、冷ますと閉じます。
この性質を使って、毛穴を開く方法のお勧めは、蒸しタオルを使う方法です。
蒸しタオルの作り方は、タオルをまんべんなく濡らしてよく絞り、ラップで包みます。
それをレンジで温めるだけですぐにできます。
温める時間はご自宅の電子レンジのワット数を確認して、温め過ぎないように注意してださいね。
こうして出来た蒸しタオルを毛穴の汚れの気になる箇所に3分程度当てます。
あまり長い間当てているとタオルの熱が冷めて毛穴も一緒に閉じてしまうので気をつけましょう。
目では確認しづらいですが、蒸しタオルで温めると毛穴が開き汚れが落としやすくなっています。
この一手間を加えるだけで、肌の汚れや毛穴のつまりや角栓が落ちやくすなり、日頃の洗顔よりもより効果的な洗顔ができるでしょう。
ただ、1日で全ての角栓が落ちるわけではありません。
気長にこれを続けることで綺麗な美肌につながるでしょう。

そして、最後に忘れてはいけないのは、洗顔の後に毛穴を閉じてあげることです。
顔を洗う最後に少し冷たい水で閉じてあげるのもいいですし、清潔なスプーンを冷蔵庫で冷やしておいて、マッサージがてら毛穴を閉じてあげるのもいいでしょう。

正しく効果のある洗顔で綺麗な美肌を手に入れましょう。

関連記事